Open 発電!で学べ

自作の太陽光発電システム

実は太陽光発電システムというのは、自作できるのです。但し、家の電気量を補うほどではありませんし、発電効率もそんなによいわけではないのです。ただ、システム的にはそんなに難しいものではない、ということです。要するに太陽光を受け取って、そしてその熱エネルギーを電気にすればよいのです。それこそ、自作の太陽光発電キット、というのが売られているくらいですし、小学生の夏休みの宿題として作られることすらあります。ですから、決して、技術的には難しいわけではないのですが、問題は発電効率です。これを考えると一気に難易度が上がることになりますから、市販品とは比べ物にならないのです。自作できないわけではないが、ラジオ程度を動かす程度の電力量を作れるくらいの装置しかできない、ということです。しかし、こうした技術を知っておくことは良いので勉強してみると良いです。かなり大掛かりの装置を作れば、災害のときに少しは役に立ちます。

太陽光発電の設置を自作でするメリットとは

太陽光発電は設置するためにかかる費用が高く、業者に依頼する時は人件費など多くの費用がかかります。設置にかかる費用を安くする方法は自作をすると効果的で、ソーラーパネルを安く購入し自分自身で設置工事をする方法が便利です。太陽光発電は電気を安定して供給できるため電気代を節約でき、余った電気を売ることで設置にかかった費用を回収できます。自作をする時は流れを正しく理解する必要があり、太陽光が当たりやすい場所や正しい設置方法を確認して段取りを決めることが大事です。ソーラーパネルを正しく選ぶポイントは大きさや発電量などを確認し、予算を考えてから最適な種類を探す方法が最適です。太陽光発電の設置を自作でするメリットは業者に依頼する手間やかかる費用などを省けるために、少ない金額で設置できることです。正しく取り付けるために必要なことは手順を正しく決める必要があり、長く継続して使えるようにソーラーパネルを選ぶことが重要です。

注目サイト

リースバックを相談
https://www.ams-tokyo.co.jp/leaseback/

Last update:2017/3/2

↑上部へ戻る