Open 発電!で学べ

太陽光発電システムのの価格の傾向

世界的に太陽光発電システムの価格というものは、下降傾向になります。つまりは、コストが下がっている、ということです。太陽光発電というのは、人と奪い合う必要がないエネルギーですから、極めて環境に良いです。ですから、次世代のエネルギーの一角として期待されているのです。ちなみに日本、ドイツ、カナダあたりが太陽光発電のシステムの開発国として有名です。但し、日本はそこまで普及していない国でもあります。それはそこまで適した土地ではなく、梅雨のときなんかはとにかく難しいのですが、それでも政府は個人宅に設置することを推奨しています。助成金もできますし、まして、自分にもメリットがありますから、金銭的な余裕があるのであれば、導入を検討すると良いです。これから間違いなく、重要なエネルギーとしてますます注目されます。価格も下がり続けますが、あまりにも下がりますと助成金がなくなる場合もありますから、今が設置するベストな時期であるといえます。

太陽光発電システムの価格について

太陽光発電システムの価格というのは、これからますます下がることが想定されているのですが、それはいくつかの理由があります。一つは、世界的に需要が高くなっていますから、大量生産ができるようになっているのです。ですから、どんどん価格が安くなっているのです。それに発電効率も高くなっていますから、導入する時期としては非常に良いです。しかし、注意しないといけないのは、元を取るまでに十年はかかる、ということです。国が助成金を出していますし、余った電気を買い取ってもらうことができますから、意外とすぐに回収できることもありますから、そのあたりは発電量にもよりますから、一概には言えないのですが、10年から15年くらいで回収するのが普通です。その後はプラス収支になるわけですから、非常に有難い設備であることは確かなのですが、重要視するべきは災害のとき使えるのか、というところでもあります。つまりは、エネルギーが不足しているときでも自活できるのです。

pickup

最終更新日:2017/11/10

↑上部へ戻る